金属とプラスチックの直接接合技術(異種材料接合技術)の開発なら、輝創。

輝く技術で新たな価値を創造する

Brilliant creative technology

先端研究・技術の活用で世の中に貢献

輝創株式会社では、金属とプラスチックの直接接合技術(異種材料接合技術)の開発に取り組んできており、従来の直接接合技術とは異なる、新たな接合技術を提案します。様々な先端研究の事業化を推進し、信頼できる技術・商品により付加価値と社会的価値の創造を追求します。

■異種材料接合

異種材料である金属とプラスチックを、完全ドライプロセスで実現する異種材料接合技術を開発しました。(PMS処理) 金属表面の隆起微細構造を利用して成形済樹脂であっても強固な接合が可能な工法(ポジティブアンカー接合)を実現しました。詳しくはこちら

■科学機器

先端技術開発、研究に不可欠な科学機器を取り扱っています。表面仕事関数を可視化する光放出電子顕微鏡原子層堆積装置、本格的な成膜を可能にしながら、小型・低価格を実現したスパッタ装置等、ユニークな装置群で、お客様のご要望を伺い、お客様仕様にカスタマイズも可能です。詳しくはこちら

■事業内容

PMS処理技術を中心にして金属-プラスチックの直接接合技術に関連した受託開発、試験、試作を行っています。設備はプロセス開発、評価に必要な各種設備を有しています。特殊な装置については自社開発試作も行っています。