まーべらすEye

まーべらすEyeとは?

まーべらすEye画像処理装置はAIによる画像認識により外観検査・物体識別を行うための画像処理装置です。

従来のパターンマッチングによる識別では、パターンマッチングの作成が非常に労力を要し、環境変化や予期せぬ不良等に対応ができませんでした。

まーべらすEyeでは環境変化や予期せぬ不良にも対応可能で、熟練者の目を手に入れた次世代の画像処理、検査を可能にします。

検査に求められる内容は千差万別です。当社では様々な対象、環境に合わせて光学設計から、ソフトウェアのカスタマイズまでフレキシブルに対応し目的に合わせて最適な検査環境を整えることができます。

独自のニューラルネットワークソフトであるからこその特徴としてアルゴリズムの最適化、ハードウェア―とのマッチング、高速処理、学習内容の変更、利便性の向上等、様々な要望に迅速に対応できます。

~まーべらすEye画像処理装置の主な構成~

・まーべらすEye(AIソフト)

・画像取得装置(カメラ・レンズ)

・照明

・トリガー制御ユニット

・データ解析装置

その他、ご要望に応じて構成品を変更可能です。

 

まーべらすEyeの用途

色調検査

まーべらすEyeは熟練者の目を持った画像検査装置を作ることができます。

微妙な色の違いや色の濃淡・シミ等、熟練者の方しか識別できないような違いを、識別することができます。

まーべらすEyeが、どのように物体を認識しているかも表示することが出来、自動外観検査を信頼できるものにします。

塗装後の色調検査、アルマイト処理層・メッキ加飾等表面処理検査、食品の品質検査への適用が可能です。

物体認識

物体識別は、ニューラルネットワークの得意な分野です。

様々な物体を学習することにより、高速で確実な物体識別が可能です。

検査ラインであれば、形状違いやキズや欠け等の識別検査工程への利用が可能です。

また様々な形を有する特定物体の形状を認識させることで、バラ積ピッキング用ロボットへの利用が可能です。

 

キズ検査

適切な光学系と照明を組合わせることで、キズと打痕等の識別も可能になります。

工業製品は光沢表面、形状の違いなど千差万別であり、それぞれに於いて外観検査基準があって高品質な製品には僅かなキズや打痕も問題となります。

微小な欠陥であっても画像による違いが認識出来れば、まーべらすEyeでは検査が可能になります。

 

AI画像処理

まーべらすEye(ソフトウェア)

取得画像のデータ処理、回路設計等

カメラ、照明、各種周辺装置

実績の紹介と検討される方は…